>  > イマイチのように見せかけて…

イマイチのように見せかけて…

彼女、初対面からプレイが始まるまでの展開だけで言えばイマイチかなと思ったんです。あまり男心を考えない風俗嬢というか、もっと勿体ぶってもらいたいというか(苦笑)裸になるのも勝手にポンポン脱いでいくし、こちらもすぐに脱がすし。積極的と言えば積極的な風俗嬢なのかもしれませんが、あまりにも色気を感じさせない仕草に、イマイチかな…と思ってしまったんですけど、実際にはそんなことはありませんでした。むしろ彼女はベッドの上でこそ輝くタイプだったのかもしれません。ベッドに入ってからの彼女はイマイチなんてレベルではありません。とにかくすべてが最高でしたね。上手なのもそうですし、それまで全然考えてくれていないと思っていた男心もベッドの上ではかなり考えてくれているのが分かりました。ここまでしてくれるのであれば興奮するに決まっているでしょう。彼女の激しい攻撃の前に、自分自身気付いたら絶頂感が近づいていて、呆気なく発射することになってしまいました。

無難であり、最高

風俗はある意味無難というか、お金の使い道としていろいろなものがあるじゃないですか。女の子と遊ぶサービスだっていろいろとありますけど、一番無難で、だからこそ最高なんじゃないかなと思うんですよ。風俗以外の女の子と遊ぶサービスの場合、それこそ自分の力量次第じゃないですか。力量次第ではあまり女の子に相手をされなくて…なんてシチュエーションだってあると思うんですよ。でも風俗であれば力量とか関係ないですよね。自分自身が楽しみたい女の子と楽しめるんです。相席居酒屋のようにカモにされて終わるようなこともなければ、出会い系サイトのように本当に相手が女の子なのかどうかさえ分からなければ、ポイントだけ消費して結局会話で終わるってパターンだって考えられません。相手の女の子が自分のことを満足させてくれるのは大前提として、どうやって満足させてくれるのかでいろいろと考えてくれるのが風俗だと思うので自分は風俗が一番好きなんです。

[ 2016-12-20 ]

カテゴリ: 風俗体験談